2015年01月20日

乾燥肌の人がスキンケア商品を選ぶには?


 敏感肌の人が、自分に合うスキンケア化粧品を選ぶ時に、心がけたいことは一体何でしょう。

成分表示に、ヒアルロン酸や、セラミドが入っているものが、保湿や保水にはいいと言われていますので、乾燥しやすい肌には適しているようです。どちらも保水効果が、高い成分だからです。



 スキンケア商品にどのような成分が含まれているかは、パッケージに書かれている成分表を見て確認することができます。皮膚が乾燥に弱い人は、スキンケア化粧品に使われている防腐剤や保存料が余り多くないものを選択するということも大事です。


乾燥肌の人は、もともと皮脂の分泌量が少ないものです。お肌の表面は、皮脂成分が皮膚を覆うことによって、水分が皮膚から逃げていかず、健康な状態を保つようにする働きを有しているものです。


皮脂の分泌によってお肌を刺激から守る作用が、乾燥肌の人は、さほど強くはありません。バリア機能が弱いという事は、刺激の強い成分が入っているスキンケアを使うと、肌荒れを起こしたり、ヒリヒリしたりしてしまう可能性が高いからです。


保存料や防腐剤の入っていないスキンケア商品は、中で知らないうちに、細菌が繁殖している可能性がありますので注意しましょう。



 最近は、天然成分のみでつくられた、添加物ゼロのスキンケアもあります。商品の保存状態に気をつれて、酸化させないようにしましょう。


乾燥肌の人は、スキンケア商品を選ぶ場合には、肌に優しい成分のものを選ぶようにしましょう。



posted by lienfleur at 10:56| スキンケアの基礎知識