2015年03月13日

化粧品サンプルの注意点


 スキンケア化粧品を選ぶときに便利なのがサンプル品ですが、サンプル品を利用するにあたって注意することは何かあるのでしょうか。


 スキンケア化粧品選びに悩んで、インターネットなどからサンプル品を申し込む場合、ネックとなるのが個人情報の流出です。住所などの個人情報を化粧品メーカーに送ったところ、サンプル品が届いただけでなく、ダイレクトメールがどんどん届くようになるかもしれません。


目当てのものはスキンケア商品だったけれど、住所が会社に知られると、どんどん情報が出回って、訪問販売や電話がじゃんじゃん来たらどうしようと思う方もいます。


消費者センターは、ものを買う時に伴う問題ごとの解決に助けになるものですので、困ったことが起きたら、消費者センターに聞くといいでしょう。



 街頭でスキンケア用品のサンプルを配っている人の話を聞いているうちに、別の施設に案内されて、そこで商品を買うようにしつこく言われたという人もいます。サンプル品ではなく、他の高価な化粧品の説明を延々と聞かされて、ついには欲しくもない商品を買わされてしまったという話もあります。


強制的な売込みで、商品を買わされてしまった場合には、クーリングオフという制度を利用して返品や解約することも出来るので、困ったことは迷わず相談しましょう。



 中には良心的なメーカーで、本当に商品を知って欲しいがために、街頭でサンプル品を配っていることもあります。


サンプル品を使うことは多くの長所がありますので、有効に使いたいものです。サンプル品を試してから、本当にこのスキンケア用品が必要だと判断して買うことで、無駄な出費が抑えられます。


 スキンケア化粧品のサンプル品を利用する時には、過剰反応しない程度に用心をしながら、必要な分だけを使ってみることが大事です。



posted by lienfleur at 11:04| スキンケアの基礎知識

2015年02月18日

保湿美容液の選び方と使い方


保湿美容液は肌の潤いを保つために欠かせないものですが、選び方と使い方にはどのようなポイントがあるのでしょうか。

 保湿美容液を選ぶ場合にはまず、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分がどれだけ豊富に含まれているかということをチェックしましょう。


ヒアルロン酸や、セラミドは、元々の状態のままでは皮膚に入り込みにくくなっていますので、対策が必要になります。皮膚の奥に入りやすい状態になっているナノサイズのセラミドが、含有されているか確認しましょう。



 保湿効果が高い保湿美容液は、液体型ではなくジェル型のものが多く、皮膚にぴったりと塗ることができるといいます。肌質との相性がいい保湿美容液であることも、大事になってきます。


実際に使ってみないとよく分からないことですが、お手軽価格で試せるトライアルセットなどを上手に利用して、自分の肌と相性の良い保湿美容液を探しましょう。


保湿美容液を使う時は、手に取って顔全体に馴染ませるだけです。保湿美容液が顔じゅうに行き渡るように、手のひらを使います。量を多く使わなくてもいいですが、皮膚全体にのばすようにして美容液をつけましょう。


保湿美容液をつけて皮膚が乾かないようにするには、2度塗りという方法もあります。



 自分の肌質に合わせて保湿美容液を選択することで、より効果をアップすることができます。


posted by lienfleur at 10:27| スキンケアの基礎知識

2015年01月20日

乾燥肌の人がスキンケア商品を選ぶには?


 敏感肌の人が、自分に合うスキンケア化粧品を選ぶ時に、心がけたいことは一体何でしょう。

成分表示に、ヒアルロン酸や、セラミドが入っているものが、保湿や保水にはいいと言われていますので、乾燥しやすい肌には適しているようです。どちらも保水効果が、高い成分だからです。



 スキンケア商品にどのような成分が含まれているかは、パッケージに書かれている成分表を見て確認することができます。皮膚が乾燥に弱い人は、スキンケア化粧品に使われている防腐剤や保存料が余り多くないものを選択するということも大事です。


乾燥肌の人は、もともと皮脂の分泌量が少ないものです。お肌の表面は、皮脂成分が皮膚を覆うことによって、水分が皮膚から逃げていかず、健康な状態を保つようにする働きを有しているものです。


皮脂の分泌によってお肌を刺激から守る作用が、乾燥肌の人は、さほど強くはありません。バリア機能が弱いという事は、刺激の強い成分が入っているスキンケアを使うと、肌荒れを起こしたり、ヒリヒリしたりしてしまう可能性が高いからです。


保存料や防腐剤の入っていないスキンケア商品は、中で知らないうちに、細菌が繁殖している可能性がありますので注意しましょう。



 最近は、天然成分のみでつくられた、添加物ゼロのスキンケアもあります。商品の保存状態に気をつれて、酸化させないようにしましょう。


乾燥肌の人は、スキンケア商品を選ぶ場合には、肌に優しい成分のものを選ぶようにしましょう。



posted by lienfleur at 10:56| スキンケアの基礎知識

2014年12月12日

美肌になるには?


 化粧品以外の方法で美肌になるためには、どうすればいいものなのでしょう。

化粧水や保湿クリームなどの基礎化粧品も利用せず、もちろん化粧も、クレンジングもしないで、肌を自然に美肌にしていくというものです。クレンジングオイルを使わないので、普段からしっかりとメイクをしている人には難しいかもしれません。



 美肌のためとはいえ毎日実践するのは難しいので、定期的に肌を休める意味でも、週末に取り入れてみるのがおすすめです。



 化粧品を活用しないことが美肌にいいというのは、一体、どのような理由からでしょう。

美肌のことを考えるのであれば、日常使う化粧品は、使わないほうがいいものです。多くの化粧品に含まれている界面活性剤や防腐剤は肌のバリア機能を奪いとってしまいます。皮膚をガードする機能がなくなると、肌は荒れやすくなります。


化粧品によっては、肌に対するダメージを増やし、乾燥や、雑菌による刺激を増すことがあります。きれいな肌を目指して、基礎化粧品でのスキンケアをしたところ、肌トラブルが悪化したという人もいるようです。



 化粧品を使わないで美肌になるという肌断食とは、お肌をリセットさせるために行うものです。化粧品をまったく肌につけない期間を設けることで、肌が本来持っている力を引出してくれるのです。


一般的に言われる断食も、体をリセットして、体に溜まった毒素を出すのが目的です。肌が生まれつき持っている回復力を最大限に使うために、毎日つけていた保湿用の化粧水や、様々なな化粧品を使わない時間をつくるという考え方です。



 美肌になりたいと思っている人は、一度化粧品を使わないという肌断食にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


posted by lienfleur at 09:44| スキンケアの基礎知識

2014年11月20日

冬のスキンケアとは?


 毎日のスキンケアは、肌の健康のために欠かせません。冬は特に乾燥肌に近くなって、スキンケアが重要になる人もいます。冬になると寒さが一段と増し、空気が乾く日も多くなってきます。乾燥した空気にいつも触れているとお肌も、いくらスキンケアをして潤いがあっても、蒸発しやすいので、乾燥肌になるのです。


 また、寒くなるとどうしても家にこもりがちになったり、あまり発散する場所がありません。運動不足、仕事や人間関係でのストレスなども、乾燥肌の原因といわれています。


ストレスと言うのは、いろいろな病気の元にも成ります。お肌の場合、肌荒れを起こしたり、吹き出物ができたりと言う事は、よく言われています。ストレスをどこかで発散しない限りは、朝晩のスキンケアをしても肌の状態が好転しないこともあります。ストレスが蓄積しないようにすることが、冬のスキンケアのポイントです。



 お肌の性質に合わせたスキンケアを行うことで、肌のトラブルを回避します。乾燥肌用のスキンケア用品でも、肌への効果が十分でないという人もいるようです。それに、乾燥肌でも冬になって、肌がさらにダメージを受けてしまっている場合だと、どのスキンケア化粧品も合わないと言う事がおきます。

ですから、冬になってスキンケア化粧品が合わないなんて事にならないようにする為には、早めの冬の乾燥肌対策が必要です。冬になる前から、お肌の状態を整え、肌に合う保湿力の強いスキンケア化粧品などを使い始めましょう。たとえ乾燥肌を意識しなくても、スキンケアをしっかり行うことで、しみやしわのない、若々しいお肌を維持することは大事なことです。


posted by lienfleur at 10:46| スキンケアの基礎知識